モエカキ帳2 グレイテスト・ショーマンを観ました!!
FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:(-)
グレイテスト・ショーマンを観ました!!
感想です!なのにカテゴリは「シャンバギ」???

そうです、観た上でバギー考察したくなってしまったんで
バギーのことしか書いてません(笑

懐かしいな、、大昔は映画とかの感想をメモする場所だったのに
すっかり創作の悩みや萌ぶちまけ場に……。

以下ネタバレ注意!


ざっくり言うとサーカス興行師の半生伝記(超誇張)みたいな内容なんですが

「何故バギーはサーカスを選んだのだろう」という疑問がより深くなったと言いますか。。

基本的には主人公のサクセスストーリーになっていて
その成り上がり具合と言うか嘘やハッタリのペテン師としてどんどん稼いでいく様がまるでバギー。(のように見えたのは私だけかも!?!?

そのハッタリには見た目にハンデを持って迫害を受けてる人たちを集めて
見世物にするわけですが

バギーも鼻にコンプレックスを持って皆に馬鹿にされたり蔑まれたり
親にまで醜いと言われたりそれでも持ち前の明るさでやってきて…ある日サーカスの興行を観てそのエンターテイメント性にトキメいて
いっそ見世物になって、だまくらかしてやろうとか思ったのかなぁ~とか

昔はバギーも貧しくてそれでも人を笑わせるのが好きだったのかなぁ~とか(限りなく薄いセンw)
貧しかったからこそお宝に執着しちゃうのかなぁ~とか!!!

観ていてバギーのことばっかり考えてしまったのでした。。

今率いてる元囚人たちはバギーがとんでもなく強くて凄い奴だと思い込んでいるけれど
その化けの皮が剥がれたとき「そんなこと前から知ってた!それでも俺たちアンタについていきたいんだ!!」
と言われるくらい慕われるのか否や??

この映画のパフォーマーように彼らもバギーなしでは世間から外れそしてお尋ね者の身。。
七武海の名の下に合法海賊でいられるのもバギーありきのこと。。

どんな奴と分かっても一生インペルダウンにいたかもしれない自分を解放してくれたバギーを裏切る奴らは
裏切りが家業の海賊だけど意外と少ないかもしれない!?!?

しかしこの映画のように成り上がるだけ成り上がったらあとは落ちるだけなんで
いつか全てを失うバギーも描かれてしまうのか!?!?とか…
そのとき助けに来るのはまさかシャン……^^^^

永遠にバギーについて考えてられる映画でしたね~~~!
ってそんな奴お前だけ!!!!
スポンサーサイト
シャンバギ コメント:(0)
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://flamingpie.blog.fc2.com/tb.php/162-cfc0d2fc
BACK ホーム NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。