モエカキ帳2 おかげさまで…
おかげさまで…
例の本とりあえず一通り売り切れまして、買ってくださった全ての方に感謝です!!

頑張って1ヶ月かかる予定だったのでびっくり;;;
しかしページ数の負担もあり再販用に印刷するには我々の予算が厳しいのでありましたw

この先全く関係ない(でも一応SB)な話になるので追記~



夢女子の話なんですがね(唐突

結構前に書いたアレ、まだ…忘れていません^^^^

でも最近どうやら私夢女子の認識を履き違えていたようで 笑
一般の夢女子さんは夢といえども何パターンかあって
ほとんどの人が自分と推しがどうこうなりたいというより、夢小説主人公と推しとの恋愛展開を見て楽しんでる方が多いとか…??

つまりもし自分の推しキャラがラブアピールするならみたいな…
原作世界に出てこない女子を紛れ込ませて、推しを相手役にした少女マンガ小説を読んでる気分ってことなんでしょか?

私だっていくつか読みましたよ!!!

でも主人公のキャラ…結構濃くないですか…笑

意外とクセが強くてですね~~;;;
それがいかんのかもしれませぬ……。

しかし

フラフラ歩いてるSBに道を聞いて、あっちの道が早いだの
こっちの道が行きやすいだのって聞いた人差し置いて二人でもめてるのをただ眺めたいという妄想は未だに夢でございます。(ちょっと何言ってるかわからない)
スポンサーサイト
シャンバギ コメント:(0)
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://flamingpie.blog.fc2.com/tb.php/151-2467b489
BACK ホーム NEXT